新築の注文住宅では光を入れる家を求めました

家を買うならば新築住宅と思っていたわけですがその上でさらに自分の思い通りにしたいという願望があって注文住宅という選択を選んだことがあります。家はさすがに高価な買い物になってしまうのですが、それでも元々新築であればそういうことは仕方ない部分もあります。ですから、さらにその中で自分の欲求を満たす事ができるように、と注文住宅を選択したわけです。注文住宅で気にしていたところは光です。家の中に光を取り込むということに関してかなり自分の中にこだわりがありましたのでそこを意識して注文を出していました。家の中を自然光で満たす事ができる、というのが私は好きなのでそこが新築住宅に求められていたことです。新築であれば耐震性などには特に問題はないでしょうから、それはそこまで気にすることはなかったです。注文住宅における大変な所はイメージをするところです。図面はありますがさすがに完全に、というのは難しかったからです。