注文住宅の基本

新築住宅というのは注文住宅で、と考えていたことが私にはありました。それは一体どういうことであるのか、といいますとそのほうが自分の満足できる住宅を手に入れることができるようになるからです。新築である、ということで既にやや高額になってしまうのですが、その上で注文住宅だと、さらにコストがかかることになります。しかし、それでも自分が満足できる注文住宅になるのであれば基本的にはまったく問題ないことであるとは思っています。家を購入する時にはまさに一大決心が必要になります。新築の家であれば住み心地はよいでしょうし、そこで一生住むことがある意味では前提になっていますから、満足できるものを、と考えるのは当たり前だと思います。新築の家は資産価値的にはそこまでオススメできないのですが家に対してあまり資産的な価値観を私は持っていませんでしたから、とにかく満足がいくものを、ということで注文住宅にしたわけです。