新築住宅の一戸建てマイホーム

新築の注文住宅は、一人で暮らすという人は少ないと感じます。新築の注文住宅を作りたいと思ったときは、だいたい家族のことを思い、作ることが多いのです。私の場合も、子供たちのことを思ってそろそろ新築の注文住宅を作りたいと思いました。ここでは、マイホームを建てたところの特徴についてご紹介します。

・子供の通学しやすいところ

まずなんと言っても、家族で大切な子供のことを考えて、一戸建てを作ることにしました。特に子供が通学しやすいところがいいと思ったのです。特に子供が小学生の場合は、自分で歩いて通学をすることになり、治安のいいところを探すことにしました。そしてマイホームから、10分ぐらいのところに学校がある場所を見つけることができて良かったと思っています。

・家族が納得できるマイホーム

一戸建てを作るときに、自分だけではなく家族が納得できる場所に作ることが大切です。私の場合は、車があるので通勤で困ることはありませんでした。そのことから、一戸建ては通勤で30分以内ぐらいでいいかなと思っていたのです。

主人は、自転車通勤なので近くを望んでいました。自宅から近くであると、自転車で通勤するのに楽だからです。自転車が使えない時には、バスを使うことを想定して、バス停が近くにあるところにしたのです。すると、主人も通勤で困ることがありませんでした。通勤や通学で、困ることがない場所が一番です。

・家のこだわりをみんなで出し合う

家を作るときに、私だけの意見ではなく家族全員で話し合うことにしました。そんなに家に関心がないと思っていたのですが、自分の住む家となるとやっぱり真剣に考えてくれました。

子供たちからは、自分の部屋がほしいという意見がありました。小さいながらに、自分の部屋を持ちたいという気持ちを持っていたんですね。そして主人も、もちろんのこと自分の部屋が欲しいとのことでした。

私はと言うと、自分の部屋はいいかなと思っていたのです。コストがかさむと思ったし、一人になることがそんなにないと思っていたのです。しかしやっぱり作ったほうがいいという主人からのアドバイスにより作ることにしたのです。そのことは、とても良かったと思っています。一人になる時間は、大切だと感じています。癒されるし、ゆっくり気持ちを安定させることができます。仕事をしているので、尚更そのことを感じました。

いかがでしたか?家族の意見を聞く事の大切さを痛感しています。